背の低い私が初めて君を見下ろす@杉並区堀ノ内1丁目

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

「ほら、天井高い。麻友届く?」

「そんなこと言ったら浩文だって届いてないじゃん!」

「天井まで僕だったら2人分くらいかな、麻友だったら3人?4人?」

「ムカつく~、4も必要ないし!3.5で十分だし!」

「なんか明るい」

「ほんとだ、どうしてだろ…あ、そうなんですね!浩文、角部屋なんだって」

「あ、案内人さんありがとうございます。やっぱ人気ですか?ここ」

「…なるほど、って、私たちのあとにもうそんな内見予定あるんですか!?」

「それは早く決めないとな…ところで麻友、このモニター見える?届く?」

「見えるから!仮に見えなかったらそれはもう設計側に悪意あるから!」

「この子よく幼子に間違えられるんで、こういうのあると安心です」

「そこまでじゃないって!せいぜい、中学せ…いや、高校生くらいだし!」

「はいはい、で、部屋も広くて綺麗でいい感じだね」

「そうだね、背の高い浩文でも珍しく部屋が狭く見えないし…あ!」

「びっくりした、なに?」

「見て!」

「キッチンカッコイイ~!ここで料理したら楽しそう!」

「たしかに、でも麻友は普段料理しな…」

「だーやめて!人の前で!なんでもないですよ案内人さん!」

「見ます?これがこの前麻友に作らせたホットケーキのような何かで…」

「ほらほら、お風呂みて!綺麗!浴室乾燥も追い焚きもついてるんだって」

「案内人さん、後で見せますね。おーすごい、あと床下収納もある」

「ストックにも便利そう!あと浩文、トイレに収納だよ!」

「うお、それはまじか。めっちゃ漫画読めるじゃん、やった」

「ここまででだいぶいいお部屋だけど…ここからだよ、浩文!」

「僕はさっきのでもう満足だけどね」

「案内人さん、ここを見つけてくれて本当にありがとうございます、では…」

「じゃじゃーん!ロフト!これで!背の低い私が初めて浩文を見下ろす!」

「たしかにお部屋の造りとして素敵だけど、それそんなにすごいこと?」

「すごいよ!低身長なら誰しも夢見る光景だよ!ずっとここにいたいもん」

「そっか。じゃあずっとそこにいてね。案内人さん、さっきの続きでね…」

「わーなしなし!私の墨より黒いホットケーキの話はやめて!」

賃料10.2万円 敷金1ヶ月 礼金1ヶ月

☆今回ご紹介したお部屋のムービーはこちら!

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

新居でのGW堪能日和@世田谷区北沢3丁目

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

「んぅ~…あれ、奈菜起きてたの?」

「とっくにね、ロフト生活堪能中」

「なんだ、起こしてよ」

「何回も起こしたよ、でも高志起きないから」

「せっかくの新居で向える初GWなのに…で何見てるの」

「こんなお出かけ日和にこっちの台詞だから。でYouTube。ネコかわいい」

「あはは、ネコなのにドジだ」

「高志も名前のわりにだいぶグータラだけどね?ほら下行くよ」

「うちのネコちゃんは可愛げがないなぁ」

「エサをくれないご主人様には興味ありません。朝ごはん当番早くして」

「わ、眩しい、明るくて気持ちいい部屋だなぁ、二度寝したくなりそう」

「新居決めたセリフそんな風に使わないで?」

「しょうがないなぁ作るかぁ…って、あれ?味噌汁あるじゃん」

「まぁ二口あるからさ、一つおいといてもいいかなって、今朝作った」

「うちのネコちゃんは可愛げがあるなぁ」

「それじゃ、いただきま~す。私ここで食べる朝ごはん好きなんだよね。」

「 明るくて気持ちいいよね」

「二度寝したくなる?」

「ごめんって、もう寝ないから」

「あ、でも出かける前にお風呂だけ入るから奈菜待ってて」

「は~い。あがったら浴室乾燥かけといてね」

「わかった~」

「ここはお風呂もいいよなぁ浴室乾燥かけといたよー、って…奈菜?」

「んー?」

「…もしかして、外出る気なくなった?」

「なんかもう今日はこのまま新居を堪能するのもいいかと思ってさ」

「…うちのネコちゃんは気まぐれだなぁ」

「にゃー」

賃料12.9万円 敷金1ヶ月 礼金1ヶ月

☆今回ご紹介したお部屋のムービーはこちら!

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

幸せの風景@世田谷区代沢4丁目

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

台所に立つ母の笑顔、子供用の野球グローブをはめる父の姿。

そこには幸せの風景があった。

大人になった今でもそんな景色にまた出会えるだろうか?

そう思って、この家に住んだんだ。

「おかえり、今日もお疲れ様!」

最近の激務にやられへばっている俺にも優実は明るく接してくれる。

「ただいま、疲れた」

「最近忙しいんだもんね。ほらソファ座って、ゆっくりしてて」

「優実は優しいよなぁ。それに誠実で、ほんとピッタリな名前だよ」

「急にどうしたの、それなら太陽だって明るくって名前ピッタリじゃん」

「今の俺は曇天どころか大雨だよ、今日から大雨ザーザー太郎名乗るね」

「いやいや、部屋も明るいくらい窓から太陽差し込む晴れ太郎じゃん」

「なんだよー受け入れてくれてもいいじゃん―優実のケチー」

「はいはい、そんなケチがIHキッチンで作る最高のふわとろオムライス…」

「食べる、優実好き優しい」

「…太陽って表裏あるんだなー…」

「今度は俺が大好きな優実のカレーが食べたいな」

「わがままだなぁ。食べたらお風呂入ってトイレ入って寝なよ」

「んー?」

「あー目が寝てる、これはだめだ」

「お風呂ありがとーあたたかかった」

「いれたてホカホカだからね。ちゃんとトイレも行った?」

「行ったし、トイレットペーパー変えておいたし」

「え、ありがとう。やっぱ洗面にある収納役立ったなぁ」

「ふぁ~眠い、寝よう」

「上行っておいで、私ちょっと買い物行ってこようかな」

「えー」

「だって私眠くないし、やることあるし、じゃね」

・・・・・・・・・・

・・・・・

「あれ?どれくらい寝てた?

優実…は買い物って言ってたっけ、なんかすることありそうだったな。

起きなきゃな…って、ん?

…カレーのいい匂いがする」

台所に立つ母の笑顔、子供用の野球グローブをはめる父の姿。

そこには幸せの風景があった。

大人になった今でもそんな景色にまた出会えるだろうか?

そう思って、この家に住んだんだ。

賃料10.9万円 敷金1ヶ月 礼金1ヶ月

☆本日紹介したお部屋のムービーはこちら!

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

ライスシャワーよりも幸せなシャワー@目黒区中根1丁目

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

「ライスシャワー綺麗だったね、ぱらぱらーって」

「ね、みんな祝ってくれて嬉しかったなぁ…正志とか俺より泣いてたし笑」

「長い付き合いだもんね。うちはお父さんが大変だったよ笑」

「号泣だったね。さて、そんなこんなで…」

「「ただいま~」」

「未久、改めて新居はどう?」

「すっごいお気に入り。あと二人暮らし初めてだから楽しみ!晴翔は?」

「なんか感慨深いなぁ…学生だった俺らがこうして大人になって…ねぇ?」

「みてみて!やっぱりリビングすっごい広いよ!」

「ほんとだね。なんならちょっと広すぎたかな?笑」

「いいんじゃない、贅沢で。南向きのバルコニーも明るいしさっ」

「…そこで未久が洗濯物干す姿、はやく見たいな」

「どーん、収納おっきー」

「ね。あとここの壁の色かっこいいよね」

「ね!それ私もお気に入り!マリッジブルー?みたいな感じでさ!」

「…未久、それ絶対意味違う」

「あはは、冗談冗談。私はハッピーだよーしゃかしゃかー」

「お、新婚さん何の料理作ってるんですかそれは」

「これは~きすをあげてます~、あとやきもち焼いてます~」

「哲学的だな」

「つぎつぎ!お風呂行こお風呂!」

「なんか新居体験ツアーになってない?笑」

「まぁまぁ、せっかくですし~なんなら今入ってもいいですし~?」

「いく」

「な、何度見ても豪華だ…」

「ホテルかと思うよね。思い出すなぁ、晴翔がホテルの夜景でプロポ―…」

「ああああ、その話はなし!結婚式でも隠し通したんだから!」

「えぇ~面白かったけどな~?私は嬉しかったよっ」

「穴があったら入りたい…丁度いい収納あった、俺今日からここで過ごす」

「ごめんって~。出ておいで、太陽浴びないと弱い子になっちゃうぞ」

「だってさ…ぶつくさぶつくさ…」

「じゃあもう私も入る!ここが私たちの新居ね!狭い!窓無しBT無し!」

「せまいせまい、あついあつい、わかったから出よう」

「えへへ~機嫌なおった?」

「なおったんだか矯正されたんだか…元気だよ」

「汗かいちゃったね、このあとシャワー浴びよっか」

「でも一番のシャワーはやっぱ…」

「そうだね、ライスシャワーでもなくお風呂のシャワーでもなく」

「太陽のシャワー!結婚式の時も幸せだったけどこれからはこれが一番!」

「うん。ライスシャワーよりも幸せなシャワーだね。笑」

賃料14.5万円 敷金1ヶ月 礼金1ヶ月

☆本日紹介したお部屋のムービーはこちら!

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

一緒に生きていくパートナー(家)@大田区東嶺町

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

よく、一緒に生きていく相手の事を「パートナー」と呼ぶ声を耳にする。

少しずつ世間が「男女」の形式にとらわれない形を受け入れてるようで、

私は個人的にうれしく思う。そしてこうも思う。

「一緒に生きていく相手は、決して“人”だけではないのではないか」と。

オートロックを抜けた先に玄関からの高窓。明るい日差しに心満たされる。

人間には三大欲求があると言う。また生活には三大要素があると言う。

そのほとんどに関わるのが「家」という存在であり、私たちにとっての

一番の「パートナー」なのではなかろうか。

世の中優しい人たちだけではないだろう。楽しいことだけではないだろう。

そんな時に見分けることが出来るのがこのTVモニター付インターフォンで、

そんな時に見上げるものが天井高によるこの吹き抜けではないだろうか。

朝は和食で魚が食べたい。夜はパスタとソース別のフライパンで使いたい。

わがままだろうか?いや、寧ろそれを無視する家の在り方こそわがままだ。

不満を抱えたまま生きていくか。それとも一日三食その度頬を緩ませるか。

どんな明日を、どんな未来を選ぶかは、あなた次第だ。

ウォシュレットを発明した人は、最初誰からも風当たりが強かったと言う。

床下収納だって最初は何の役に立つんだとなじられたかもしれない。

しかし湿度の高い日本に浴室乾燥、生活リズムの違う恋人に追い焚きと、

そこには思いやりと優しさが詰まっている。無論、それを採用する家にも。

家に帰ってきたら靴を脱ぐ。それはきっと安心したいからだ。

ただ本当にそれだけで満足だろうか?パートナーに高揚感も必要でないか。

私たちの本当の戦闘服は「スーツ」ではなく「パジャマ」ではないか。

働くことではなく、遊ぶことが生きることなのではないだろうか。

つまりロフトとは、その象徴だ。

「どうしてこの空間を作った?」遊びたいからだ。

「どうしてこの部屋に住んだ?」遊びたいからだ。

「どうして生きるんだ?」答えは、あなたに委ねよう。

その答えに合致するパートナーとの出会いがここで果たせたことを願って。

賃料9.7万円 敷金1ヶ月 礼金1ヶ月

☆本質紹介したお部屋のムービーはこちら!

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

人生を変えてくれる部屋@世田谷区奥沢1丁目

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

「なんか最近調子よさそうじゃん」

「そうかな?俺自身はあんま変わった気してないんだけど」

「珍しいよ、陸人にしては。だって昔絶対家に入れてくれなかったじゃん」

「あの頃の家は穂香に見せられるようなもんじゃなかったし」

「まぁ引っ越して、そろそろかな…と思ってさ」

「なに水臭い、幼稚園からの付き合いじゃん」

「親しき中にも礼儀あり、幼稚園からの親友にも礼儀あり、だよ」

「なんだそれ、いいからご自慢のオートロック早くあけてよー」

「どう、俺の部屋」

「えっ、ちょ…まじか、思ったよりもオシャレでびっくりした」

「それは家に失礼でしょ、だいたい外観もカッコよかったでしょ」

「家じゃなくて、あの泣き虫ジャージ君がこんな家具揃えるとは、てこと」

「まぁ大人になったから?奥沢にデザイナーズ借りて一人でも住みますよ」

「ちぇ~鼻につく、なにこの大きな窓、なにこの高い天井、くー」

「部屋探してたら偶然見つけてさ。実際ただのラッキーだったんだけどね」

「私も更新そろそろだしな~次はこういう部屋住みたいな~」

「お、キッチンすごいじゃーん!2口だしグリルもあるし」

「ここに関しては俺料理しないからあんま関係ないんだけどさ」

「勿体なーい。食べなきゃだめだよ?頼まれれば作らないこともないけど」

「穂香がここに来るってなったら大変じゃん。交通費いくらかかるの」

「地方住みで悪かったねー、こうなると浴室乾燥とかも鼻につくぜー」

「そうじゃなくて。次の引っ越しでもう少しこっち来ればいいじゃん」

「んーそうしたいけどお金のこともあるからなー」

「ここ、そんなに高くないよ」

「ん?いや、ここは陸人住んでるじゃん。あ、ロフトだ!あがっていい?」

「…ったくもう、穂香―?」

「なにー?って、すっごなにこれめっちゃいい空間じゃん!陸人も来なよ」

「知ってるって、俺はもう住んでるんだから」

「ロフトおもしろ!いいなー、こんな家住めたら楽しいだろうなー」

「そのこと…なんだけどさ。ここ、二人でも暮らせるんだ」

「え?…と、うん。え、ん?えっ、あ、」

「料理作りに通うのとか、大変だろ。だから、住まね?その…一緒に」

「なんか…ほんと、最近調子よさそうじゃん」

賃料9.9万円 敷金1ヶ月 礼金1ヶ月

☆本日紹介した物件のムービーはこちら

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

上野毛で棚から牡丹餅@世田谷区中町3丁目

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

2月とか3月ってお部屋探しの繁忙期なんですよね?

一人暮らし自体はしてるし急いてもないので4月以降で探そうと思って。

そしたらこのお家を見つけたのでお問い合わせしてみました。

お部屋だって一期一会ですもんね、さてどんなお部屋なのか…楽しみです!

ここが玄関ですね。失礼しま~す…って、広い。

いやなんか幼い頃飛び込んだ父の胸くらい広くないですか?なんでだろう…

そっかキッチン横だ!洗濯機も冷蔵庫もこんな空間とってあるんですね。

二十歳になったのを機に大人になろうと自炊とか始めたので助かります。

いやぁすごい…あ、鳩が豆鉄砲を食らったような顔してました?

すみません驚いちゃって、でもまだ水回り見てませんもんね、どれどれ…

バストイレ別だ!バスには窓ある!しかもトイレにはウォシュレットある!

え、ちょっとほんとですか、それでこのお値段…

…すでに今のお部屋と「月とすっぽん」になってきてるな…笑

あ、仰る通り文学専攻してまして、感動すると言葉出てきちゃうんです…笑

そしてメインの洋室ですね…って、明るい!ま、眩しい!

ここ1階ですよね?どうしてこんな明るいんだろう?

は~なるほど、南向きなんですね!洗濯物も乾くしいいですね。

ここまでくると青天の霹靂だ…

収納もあるし…って、あれここにも窓ある!

もしかしてこのお部屋…角部屋ですか!?

ちょっともう…色々詰め込んでくるじゃないですか…心がパンクしそうです…

窓開けて…まぶしっ!いい場所!ここに洗濯物干せるんですね。

内装も綺麗で気持ちのいいお部屋だし…

これぞまさに「残り物には福がある」ですかね。

いや、ちがうか、最近出たばかりのお部屋ですもんね。

う~ん…「棚から牡丹餅」って感じですか?どう?及第点ですか?笑

賃料6.3万円 敷金1ヶ月 礼金1ヶ月

☆本日紹介したお部屋のムービーはこちら!

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

この家は頑張った後のご褒美@世田谷区駒沢2丁目

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

「もうそろそろかなぁ…あ、帰ってきた!賢治おかえり~!」

「…ん、由香ただいま~…」

「あちゃ~、だいぶやられてるなぁ…励ましてやるかぁ~」

「おかえり!仕事頑張ったね」

「うん、久々にトラブってさ~もう社内大混乱だったよ…」

「大変だったね、朝になっちゃったもんね。笑」

「早くこの綺麗な家に帰りたかったよ~やっぱうちが一番落ち着く」

「朝の我が家は明るくて眩しいな~でも眠い~」

「じゃあ、ご飯にする?お風呂にする?それとも…」

「ん~…ご飯、かなぁ」

「そっかそっか。笑 じゃあちょっと待ってて!」

「引っ越してキッチン広くなったしガスも3口あるし、作り置き楽なんだ」

「そしたらもしかして由香の味噌汁も肉じゃがもある?」

「えへへ、あるよ~」

「わ~生き返る~」

「次はお風呂かなぁ、って、あったかい」

「賢治のために浴室暖房も追い焚きもかけておいたよ」

「…最高のお家に最高のお嫁さん…」

「ん~お風呂気持ちよかった、頑張った後のご褒美に我が家は最高だなぁ」

「あ、じゃあはい、牛乳。お風呂上りに広いここで飲むと美味しいよね」

「由香はやさしいなぁ、なんでも分かってるんだね」

「まぁ賢治のことならね。それで言うと、もう寝たいでしょ?」

「ん~?ご飯にして、お風呂にして、次は由香だよ~、えいっ」

「わ、ちょっと…って、もう寝てる。まったく…ほんと頑張ったんだなぁ」

「疲れてるだろうからベッドに移動させてあげたいけど…

ロフトでも寝れちゃうし賢治気持ちよさそうだしこのままにしよっかな。

それになにより、ご飯作ったりなんだかんだで…私も…眠くなってきたな…」

賃料11.8万円 敷金1ヶ月 礼金1ヶ月

☆本日紹介したお部屋のムービーはこちら!

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

私たちの推し@世田谷区代田5丁目

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

「ひ~寒かった、まだまだ冬だねぇ」

「うーさぶ!ちょっと俺トイレ行ってくるわ」

「はいよ、私生もの冷蔵庫にしまっとくね」

「助かる、ありがとう」

「便座が温かいのありがてー…」

「あ、直樹~?トイレ中ごめん、浴室暖房かけておいてくれる?」

「わかったー。冬はこれも必須だよなぁ」

「あ、理沙色々しまってくれてありがとう」

「いえいえ、早速ご飯作っちゃうね」

「やった、その言葉だけでお腹すいてきた」

「グリルもあって便利だし、ガスも2口あると料理しやすいんだぁ」

「『まな板おけるー!』って理沙喜んでたもんね」

「ほんとそれでだいぶ違うんだよ~」

「俺もシンク広いと洗い物しやすくて助かる」

「天井も高くて気持ちいいしな」

「ね!天井高推した私、有能でしょ?」

「そうだね、ありがとう」

「いえいえっ」

「それで言うと専用庭推した俺も有能じゃない?」

「たしかに~。ここで飲む朝のコーヒー最高だもんね」

「お肉とコーヒーは空のもとに限るなぁ」

「こうして改めて見ると、いいお部屋だな」

「ね。でもなにより私たちの推しは…」

「「ここだよねぇ~!!」」

「この秘密基地感、堪らないんだよな…」

「直樹、子どもみたいにはしゃいでたもんね」

「そんなこと言ったら理沙だって『ハイジの世界だ!』って喜んでたよ」

「だって憧れだったからさ。それに…」

「そうだね」

「「二つあるもんねぇ」」

「いやぁここもほんとに最高。優勝」

「ロフトが、しかも二つある、って楽しい造りだよねぇ」

「どんなふうに使っても楽しいもんなぁ…それじゃ、今日も遊ぼうか」

「うん!今日はビリヤードだ!」

賃料10.7万円 敷金1ヶ月 礼金1ヶ月

☆本日紹介したお部屋のムービーはこちら!

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

私の見る目は間違ってなかった@中野区南台4丁目

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

「外明るくなってきたよ~」

「…んぅ?んぁ、寝てた、もうこんな時間か…ふぁ~ねむい」

「今日はたくさん遊んだねぇ」

「にしてもほんといい空間だよね~流石私の部屋選び、見る目があるわ」

「記憶あいまいなんだけど、何してたっけ…」

「も~優人早く寝るんだから~、これしてたじゃん」

「あ、そうだ新作ゲームやってたんだ…って、あれ?僕寝てたってことは…」

「私が進めたよ。もうあのボス倒しちゃったもんね~」

「え、梨乃が全部!?ちょっと僕にもやらせてよ、てか起こしてよ!」

「起きなかったのは優人でしょ、もうセーブしたしお風呂入って寝よ」

「ちぇ~せっかく引っ越してからの初夜更かし楽しみにしてたのに~」

「そんなすねないで。スープ飲む?コーンと春雨あるけど」

「たしかにちょっとだけお腹すいたかも、梨乃食べたい方食べていいよ」

「じゃあ私春雨ね」

「あれ、鍋もう一つ置いてある…あ、お味噌汁もあったんだった」

「そうじゃん!梨乃のお味噌汁あるならそれ一択だったのに~」

「…ありがと、起きた後食べて」

「もちろん!余っても置いておけて、ガス2口って便利なんだなぁ」

「でもスープも美味しかった~ごちそうさまでした」

「私もごちそうさまでした、と…ねぇ優人、今日一緒に入る?」

「…え、入る。けどなんかいいことあったの?」

「んー別にー?」

「久しぶりに一緒に入るね、昔の狭い家での僕の誕生日以来?」

「そんなだっけ?もうちょっと日々嬉しいこと言ってくれたらな~」

「全然わかんない…でもほら、ここお風呂広いし毎日二人で入れるよ?」

「ん~考えとく~」

「お風呂気持ちよかった~、浴室暖房があるとちがうね」

「ちゃんと乾燥もかけといたよ」

「ありがと~。いいお部屋にいい彼氏、私の見る目は間違ってなかったな」

「ん?なんか今嬉しいこと言ってた?」

「なんでもない~。さ、今日は寝よ~」

賃料9.9万円 敷金1ヶ月 礼金1ヶ月

☆本日紹介したお部屋のムービーはこちら!

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket